夫婦関係

思ってたのとちがう!新婚でも夫婦関係がうまくいかない!理由と解決法を伝授!!

新婚というと「夫婦関係がラブラブな時期だね」「幸せそうでいいな!」と周りから言われるはずです。

実際は夫婦関係がうまくいかなくて、理想と現実のちがいにイライラすることがありませんか?

大好きな恋人と共に歩むことを誓い合ったはずなのに、いざ生活をスタートさせると喧嘩ばかり!今までまったく違う環境で生活していた2人が一緒になるのですから、それが自然です。

今回は、新婚なのに夫婦関係がうまくいかない!とお悩みの方向けにうまくいかない理由と解決策、心構え、幸せな未来を描く方法を紹介します。

新婚なのに夫婦関係がうまくいかない5つの理由

新婚なのに夫婦関係がうまくいかない理由は下記の5つの理由に該当します。

  1. 「生活のリズムが合わない」
  2. 「家事の負担度合い」
  3. 「金銭感覚が合わない」
  4. 「会話ができていない」
  5. 「お互いの両親と合わない」

それぞれの項目別に解決策や気を付けたい点を書きます。

「生活のリズムが合わない」

夜型の夫と早起きの妻、といった感じで生活のリズムが合わないと睡眠不足でイライラがたまってしまいます。

仕事が夜勤といった例外を除いて、お互いの歩み寄りが必要です。

「家事の負担度合い」

新婚、夫婦共働き世帯が大半です。家事は妻がするものという固定概念は捨て去り、お互いの役割分担やルールを決めておいてください。

褒めて褒めて、男性にもどんどん任せていきましょう。

「金銭感覚が合わない」

夫婦になるとお金の管理を一緒にすることが多いです。

たとえ別会計であってもお互いの金銭状況をきちんと把握して、大きな買い物をするときは相談するようにしてください。独身時代の感覚は卒業しましょう。

「会話ができていない」

夫婦で会話はとても大事です。

お互い少しずつすれ違うと、それが大きなすれ違いになるリスクがあります。

「飲み会に誘われたけど、帰ってから報告しよう」「ハイブランドのバッグを買ったけど、内緒にしておこう」こういったことが重なり、家事をしてくれないパートナーへのストレスや家計の圧迫になります。

あらかじめ夫婦で会話をして、どんなに些細なことでもシェアすることですれ違いを避けられます。1日数分でもいいので会話してください。

「お互いの両親と合わない」

妻が夫の両親にストレスを感じたり、その逆もよくあります。夫婦でフォローし合い、妻や夫がストレスを感じないようにしてください。

合わないものを無理に歩み寄らせようとすると、かえってトラブルのもとになりかねません。会う頻度を減らしたり、さりげなくフォローを入れたり、大きなトラブルにならないようにすることが大事です。

このほかにも色々なことが理由となって夫婦関係がうまくいかなくなります。「自分が正しくて当然!」という考えは捨て去り、いちから2人でやっていく心構えが大切です。

新婚でも夫婦関係がうまくいかなくて当然!大切な心構え

新婚の夫婦関係は「きれいな新居に幸せいっぱいの2人」を想像していたハズなのに、うまくいかないことに一番ショックを受けているのは自分のはずです。

思い描いていた理想と現実のギャップに頭がついていかず、夫婦関係をうまくやっていくための軌道修正まで考えられなくなっています。

最初から何でも上手にできる人なんていません。現実を受け入れてやっていくための大切な心構えを紹介します。

恋人から夫婦になったことを受け入れる

お互い楽しい時間をシェアするだけの恋人から、生きとし生けるときは辛く苦しいこともシェアする夫婦となったことを受け入れてください。

週数回、月数回楽しい時間を過ごす恋人と、寝食を共にする夫婦では話がちがいます。

お互いの価値観の違いを受け入れ、ちょうどいい妥協点を見つけていく必要があります。

お互いの親族とも交流していくことになる

恋人は2人だけの関係ですが、夫婦になるとお互いの親族とも交流していきます。

夫の母親にストレスを感じるパターンが大半ですが、夫に上手に間に入ってもらうことが大事です。

夢は夢のままで、現実をよくする方法を考える

「夫は結婚後も家事を手伝ってくれると思っていたのに!」「結婚後も恋人のようなデートができると思っていたのに!」と理想と現実が違うことで、どうしてもストレスを感じてしまいます。

思い描いた夢はそのまま残しておき、今目の前にいる夫とうまくやっていく方法を考えていってください。

たまには、イケメン俳優と夫婦になる妄想をしながら、夫をうまく操縦して自分好みの男性へと育てていくくらいの心の余裕を持ってください。

時々、自分の両親や先に結婚した同性の友達にも話を聞いてもらいつつ、幸せになる方法を考えていきましょう。

新婚の今も未来も夫婦関係をうまくやっていくための2つの方法

これから先もずっと夫婦関係は続いていきます。

離婚という選択をしなくても済むように、お互いうまく歩み寄っていくための方法を紹介します。

相手のことを受け入れていく

自分の気持ちだけを主張して、自分の価値観だけを受け入れてほしいと願っても夫婦関係は破綻してしまいます。

まずは相手の状態、価値観、気持ちなどを考慮して会話したり、行動したりするようにしてください。

会話を大事にする

言わなくても分かるような夫婦はいません。今どんなことを感じていて、何を希望しているのかその都度話し合うことが大事です。

言わなくても分かるだろうという思い込みは、大きなすれ違いを生むリスクを抱えています。

お互い好きで添い遂げることを誓い合ったのですから、2人でちょうどいい妥協点を見つけるようにしてください。

まとめ

新婚のとき、夫婦関係がうまくいかないことを誰かに相談したり、夫にも言えなくて一人で抱え込んでしまうことがあります。

せっかく祝福してくれた友達や先輩、両親や家族を悲しませたくないと思ってしまいますよね。

デリケートな問題を相談したいときは、電話占いを頼るという方法もあります。自分の都合のいい時間帯、ゆっくり過ごせるときにこっそり頼ってみてください。

-夫婦関係
-,

Copyright© 夫婦関係 , 2020 All Rights Reserved.