夫婦関係

誰にも言えない夜の夫婦関係の悩み!理由と解決策

夜の夫婦関係、あなたどうしてる?

夫婦関係の悩み、「夫婦関係を持つことができない」「夫婦間での会話がほとんどない」「自分の気持ちを夫(妻)は分かってくれない」など色々なことで行き詰ります。

「妻」から夜の夫婦関係を拒否するケース

「出産」「育児」「家事」「仕事」などに追われ、妻から夜の夫婦関係を拒否され続けてセックスレスとなっているケースがあります。

「夫」のことをそういった対象として見ることができなくなったという人もいます。

家族となることで、恋愛感情を持たなくなるのでしょう。

新婚当初は2人のことだけを考えていればよかったはずですが、出産をきっかけに子供が増えると女性の負担は増えます。

小さい子供を抱えながらの仕事や家事、「時間があれば寝ていたい」というのが多くの女性の本音で、旦那とのセックスの時間まで持つ余裕がなくなっているのが現状です。

夫は妻から夜の夫婦関係を拒否されたことに一方的に腹を立てず、休日に育児を手伝ったり、妻一人で出かける時間を作ったりしてください。

女性の負担を減らすことで心の余裕を持たせ、少しずつ夜の夫婦関係を復活できるようにしてください。

もちろん女性からの歩み寄りも大事です。

夜の夫婦生活が苦手になった理由を話して、2人で解決するようにしてください。

「夫」が原因となる夫婦関係の夜のお悩み

「仕事が忙しく疲れている」「妻のことを女性として見られなくなった」「子作りを目的とするセックスが嫌だ」といった理由から夫が夜の夫婦関係を拒否するパターンもあります。

妻(女性)が想像している以上に男性は繊細なハートの持ち主です。

夫婦関係を自ら拒否したことに妻に泣かれると、余計にセックスしたくなくなるパターンもあります。

時間をかけてゆっくりと歩み寄る必要があります。

「出産」「育児」などをきっかけに妻を女性として見られなくなったと言うのであれば、時々デートする機会を作ってみてください。

年齢的な問題や妻にだけEDになるのであれば、夫婦で話し合って病院で治療したほうがいいです。

男の人のプライドもありますが、とても大事な問題です。

「子作り」を目的としてちょうどいい日に夫を誘うことを繰り返すこともよくないです。

普段から雰囲気作りを大事にしてください。

女性からすると「そんなことで?」という些細なことが原因で夫側が原因となる夜の夫婦関係の悩みにつながります。

普段から夫の話もじっくりと聞き、今お互いがどう思っているのかを理解し合える関係を作っていくようにしてください。

夜の夫婦関係を楽しむ方法!回数よりも内容を重視

夜の夫婦関係を楽しむには、回数よりも内容を重視してみてください。

恋人のころはデートのたびにしていたはずなのに、「お互いの仕事」「両親との同居」「子供がいる」「家族の一員」となったことなどが原因で思うように夫婦関係を楽しめなくなるケースもあります。

結婚後、生活の変化によってセックスの回数が減ってしまうことは仕方ないかもしれません。

その都度どれだけ愛があり、お互い満足できているかを重視してください。

自宅だと生活感を感じてできないのであれば、「ホテル」「旅行先」などを利用するのがベストです。

夫婦で話し合ってください。

「両親との同居」も大きいです。

プライベートな部分まで詮索しないようにお願いしておき、「夫婦の時間がない」などよほどひどい場合は別居も視野にいれたほうがいいです。

「子供がいる」とくに母親は一緒の部屋に子供がいると、気になってセックスできなくなります。

部屋を変えたり、子供がいない時間帯である日中にしたりする工夫が必要です。

どのパターンのお悩みであっても、2人で責任を押し付け合わずに「どうやってセックスを楽しむか」を話し合うことが大事です。

性欲があるのは男性だけではありません。

女性も同じようにあるので、堂々と自分の気持ちを話すようにしてください。

夜の夫婦関係はお互いの歩み寄りが大事

夜の夫婦関係のお悩みが起きる原因(男女別)、夜の夫婦関係を楽しむための一工夫について書かせていただきました。

セックスレスはとてもデリケートな問題です。

どんなに親しい友人や家族であっても第三者に悩みを相談することはむずかしいです。

自分の心の声を聞いてほしいと思った時に、電話占いを心の拠り所としてみてください。

あなたの気持ちに寄り添い、的確なアドバイスをしてくれます。

-夫婦関係
-,

Copyright© 夫婦関係 , 2020 All Rights Reserved.