夫婦関係

【一番多い悩みはどれ?】夫婦関係の悩みベスト3

夫婦関係の悩みとは?

夫婦関係の悩み、「夫婦関係を持つことができない」「夫婦間での会話がほとんどない」「自分の気持ちを夫(妻)は分かってくれない」など色々なことで行き詰ります。

夫婦関係の悩みはプライベートな悩みとなるため、誰かに相談せずに自分の心の中に閉じ込めがちです。

自分一人で悩んでいると夫婦関係の悩みは苦しくなる一方です。

多くの夫婦が悩むことを「夫婦関係の悩みベスト3」として紹介します。

夫婦関係の悩みベスト3

1位:夫婦間での会話を取ることができない

夫婦間での会話がほとんどないと、お互いの考えていることが分からなくなってすべてがうまくいかなくなってしまいます。

コミュニケーション不足の原因として考えられるのは、「お互いの生活リズムが合わない」「会話するとイライラするので話したくない」「夫が忙しすぎてほとんど家庭にいない」などがあります。

夫婦間での会話がないと、大事なことを伝えられていなかったり、子どもがいる場合は子どもの成長にも影響したりします。

朝、一言挨拶をするだけでもいいので、夫婦間での会話をするようにしてください。お互い歩み寄る姿勢が大事です。

2位:価値観(金銭感覚、習慣、人付き合いなど)が合わない

夫婦間で価値観が合わないと、お互いイライラすることが増えてしまいます。

とはいえ、まったく違った環境で育ってきた2人が結婚して一緒に住むわけですからお互い歩み寄っていかないといけないです。

金銭感覚は独身時代のように自分の好きなことだけにお金を使うことができなくなりますので、家族のために計画的に貯金できるように話し合いをしないといけないです。

日々の生活習慣、休日はゆっくりしていたい夫と出かけたい妻、几帳面で綺麗好きの夫とおおざっぱで適当な妻、といった感じになります。

お互い苦手なところをカバーし合っていかないといけないです。

人付き合いは得意な人も苦手な人もいます。

お互いが苦痛に感じない程度に人付き合いをしてください。

夫婦のいずれかが自宅に誰かを招き入れることを苦手とするならば、それはどちらかが折れていかないといけないです。

自分と価値観が合わない夫もしくは妻にイライラしてしまうのは当然です。

しかしお互い惹かれて結婚したのですから、時には諦めも肝心です。譲り合う気持ちを大事にしてください。

3位:夫婦の生活(性生活)がない

夫婦にとって性生活は愛情確認をする上でとても大切です。

性生活がない原因としては、「どちらかが嫌がっている」「一方的で愛情を感じられない性生活である」「男(女)として見れなくなった」などがあります。

お互い不満があることを話し合える関係であれば、自分が思っていることを口にしたほうがいいです。

性生活がない期間が長くなればなるほど、問題は深刻化します。

「仕事の疲労やストレスで性生活を持つ余裕がない。」

「妻の出産を機に育児中心となり、性生活がなくなった。」

といったことがきっかけとなることもあります。

お互いに歩み寄り、解決していくようにしてください。

時々デートをしたり、自宅以外の場所で2人きりの時間を持てるとよりよいスパイスとなります。

4.夫婦関係の悩みは一人で抱え込まず、相談しよう

夫婦関係の悩みベスト3について紹介しました。

夫婦関係の悩みは一人で抱え込まずにお互いに話し合ったり、誰かに相談したりすることで発散するようにしてください。

誰にも言いづらいという方は、電話占いという方法もあります。

夫婦関係の悩みを得意とする電話占い師の中からあなたが気になるタイプの人を選んで、電話相談してみてください。

普段会うことのない人という意味でも、気楽に話ができると思います。

-夫婦関係
-,

Copyright© 夫婦関係 , 2020 All Rights Reserved.