夫婦関係

夫婦関係がよくない家庭の子供への影響と改善策

夫婦関係がよくないと子供はどうなる?

夫婦喧嘩や冷え切った夫婦の仲に子供は敏感に反応します。

両親が大好きな子供はいつだって、笑って元気でいて欲しいと願っています。

本来「一番落ち着いてゆっくりできるはずの家庭」が機能しないことで、子供は両親の前でありのままの自分を出せなくなります。

夫婦関係がよくない責任は自分にあるのかもしれないと、子供は自分を責めるかもしれません。

心の安定根が育たず、親から愛されているかどうかに疑問を持ってしまうかもしれません。

夫婦関係の悪化が子供に与えてしまう影響、避けたい発言や行動、夫婦関係を修復する方法について紹介します。

夫婦関係が冷めていても、子供に避けたい発言や行動とは?

夫婦喧嘩を目の当たりにした子供に「子供は関係ないから引っ込んでいてほしい!」と突っぱねるような言い方をしたり、「あなたがいるから離婚しないの」といった発言をしたりするのは避けてください。

夫婦喧嘩を目の当たりにしたことで不安になっているのに突っぱねられ、その後どうなったかも分からないままで心にわだかまりが残ります。

子供がいるから離婚しないと言われると、子供は自分がいることで両親は幸せになれないと自分を責めてしまいます。

たとえ夫婦関係が冷めてしまっていたとしても、お互いに夫婦関係を修復しようとしたり、歩み寄ろうとするようにしてください。

子供は夫婦関係を見て、仲直りする方法、すれ違いが起きた時に歩み寄ることの大切さを学び取ります。

どうしても夫婦関係の修復がむずかしい場合は、時期を見て離婚を視野に入れたほうがいいかもしれません。

子供だって成長します。

親が幸せでいることを願っていますし、思春期あたりに突入するとギスギスするくらいなら別れたら?という気持ちになります。

夫婦関係がよくなくても、感情をむき出しにする前に立ち止まって考えることが大事です。

その一つ一つが子供に色々な影響を与えます。

夫婦関係を修復するには?子供との関りとは?

夫婦関係がよくない方向へ傾いてしまったのは、何がきっかけでしたか?

まずは原因を振り返り、解決する方法を見出してください。

結婚当時の新婚時代は2人だけの時間、子供が生まれて家族が増えたことで少しずつ夫婦の関係が変わってきたのではないでしょうか?

手のかかる赤ちゃん~幼児期、子育てのフォローをしてくれない夫にイライラして、夫婦関係が悪化したのかもしれません。

出産後にセックスレスとなり、夫が浮気したり、夫婦の会話が減ったりして冷え切ったのかもしれません。

子育てに関する展望が夫婦間で違い、言い争いになることが増えてしまったのかもしれません。

思い当たる節があるものに関しては、まずは自分のよくないところを見直し、相手の非を責めないようにしてください。

さらに、お互いが歩み寄る姿勢をリアルタイムに子供にも見て貰い、家族みんなで夫婦関係を修復するように歩み寄ってみてください。

夫婦関係や子供にストレスを感じたときは

完璧な人間はどこにもいません。

「夫婦関係を修復しよう!」「子供の情操教育を頑張ろう!」と思ってもどこかに弱音を吐きたくなるときはあります。

プライベートな愚痴になるため、話せる人が限られていたり、いたとしても適切なアドバイスを貰えなかったりすることがあります。

そこで、必要に応じて電話占いを頼ってみてください。

占いで未来の目線からの意見をくれますし、心の中にあるモヤモヤを放出することでスッキリすることができます。

そして、また夫や子供に優しく接することができます。

-夫婦関係
-,

Copyright© 夫婦関係 , 2020 All Rights Reserved.